大得価,定番人気sa-9 鳴海織部 菓子器 陶芸家 荒川 明作 1品限定作品 木箱付き 送料無料

浜松市の北に位置する奥山にて
四季を楽しみながら制作しております。
おいしいお菓子をのせ
 鳴海織部の菓子器をめでながら1休憩。

2種類の土で織部と志野釉のかけ分けが美しい菓子器


お茶席で、自分へのプレゼントに、
お誕生日プレゼントに、結婚記念日に
又お世話になった方への御贈答に是非お使い下さい。
サイズ直径20 cm×高さ6.5 cm。木箱付き。


木箱の在庫の無い場合は御注文頂いてからの
発注になりますので,10日前後お時間がかかります。


※作品につきましては、1品1品 手つくりで作っております。
焼きものの特性上大きさ、形、色あいが違っております。
ご理解の上での購入をお願い致します。
大得価,定番人気sa-9 鳴海織部 菓子器 陶芸家 荒川 明作 1品限定作品 木箱付き 送料無料

織部と志野釉のかけ分けが美しい菓子器

SKU:sa-9

大得価,定番人気sa-9 鳴海織部 菓子器 陶芸家 荒川 明作 1品限定作品 木箱付き 送料無料
大得価,定番人気sa-9 鳴海織部 菓子器 陶芸家 荒川 明作 1品限定作品 木箱付き 送料無料
直径20cm× 高さ6.5cm  木箱付き。
素材 陶器

2種類の土で織部と志野釉のかけ分けが美しい菓子器。

※モニーターによって多少色具合が違う場合があります

ところで土からどうしてやきものができるの?

土練り  ろくろの芯出し ろくろ成形
 rokuro-1.jpg rokuro-2.jpg   rokuro-3.jpg
 土の空気を追い出すために土練りをします。土の練った形が菊の花びらの様ですので、菊練りとといいます。 ろくろの台の上に真中心にならないと形が変形して、粘土が飛びま 。  遠心力を利用して形をつくります。少しの力加減ですぐ変形します。
陰干しをして水分が抜けましたら天日に干し
素焼きをします。作品の大きさにもよりますが600度〜800度で焼きます 。
img56623698.jpg 釉薬掛け 素焼きが終わりましたら色付けのため薬をかけます 本焼き 釉薬によって違いますが、1250度位で焼きます。作品は真っ赤に透きとうてドロドロになる寸前まで焼きます。