アメリカン雑貨のような外国っぽいデザインのスチールポスト メールボックス*郵便受け*郵便ポスト*POST*MAIL BOX*新聞入れ*おしゃれ ポスト 壁掛け 壁付け
¥9,936¥13,500
ポスト 郵便 置き型 スタンドポスト 鍵つき 北欧 鍵付 モダン スタンド 回覧板 郵便ポスト スタンドタイプ 郵便受け おしゃれ ラック HTN-1 ポストスタンド
¥10,289¥13,980
9月13日(水)まで!蛇口同時購入、割引特典もあり。
¥24,041¥34,149
人気のラティス!雨や水に強く、腐りや白蟻の心配が少ないから安心!お洒落な質感! ラティス 目隠し フェンス 園芸
¥20,240¥28,750
北海道や東北でも大活躍!ハイガー除雪機はランキング1位を獲得。中古よりもリーズナブルな価格除雪機 エンジン除雪機
¥64,123¥109,800
今すぐ購入

薪窯焼成 強い炎で濃い茶色に外は火だすきがが美しい酒注ぎ

rto-1 焼締酒注ぎ 1ケ限定品 荒川 明作 木箱付き 送料無料 fs04gm

商品番号:rto-1

価格  8,208円
当店通常価格 10,800円

1〜5日以内にお届けできます。
残りあと1個です


文部大臣奨励賞受賞

新しいことにいつも挑戦

土を変え、釉薬を研究してどこにもない作品
作品を見れば荒川明の作品とわかる作品を
作り続けております。

浜松市の北に位置する奥山にて四季を楽しみながら制作しております。
 
おいしい冷酒で  焼締  酒注ぎ  をめでながら 
1日の疲れを癒してほしい酒注ぎ。 
酒好き の陶芸家が制作した酒注ぎです 
荒川 明作  焼締  酒注ぎ  薪窯焼成 
文部大臣 奨励賞受賞

酒好きの 陶芸家のこだわりの 酒注ぎ
img58288887.jpg 

 
釉薬(色)をつけないで、焼き締めた作品

焼き締め程作家に取って窯開けが楽しい
ものはありません。


酒注ぎの外は強い炎で濃い茶色に又火だすきが素晴らしく変化した作品です。

荒川 明の陶房は浜松の山奥の引佐町奥山にあり、
その名前のとうり山奥となります。
そこには古い時代に使かれた薪窯を荒川 明が独自に
工夫をして窯を作りました。
この作品はその窯にて3昼夜薪の炎にて焼成され
自然の炎色、自然釉、灰かぶりの美しさの中に大胆な
景色の出る焼き物で同じ作品は2度と出来ません。。







送料無料 
 
img58288913.jpg    img58288914.jpg
酒注ぎの中のお酒を
いれとより美しくみえます。
高台まで良く火が回って焼き上がっています。

  


img58288912.jpg





プレゼントに!ご自分用に
酒好きのこだわりの 焼き締め酒注ぎ

限定1ケ限り!
送料無料
木箱付き

サイズ直径10 cm×高さ7 cm 


薪窯で作品を焼く時は薪の灰、ヤニが棚、作品
に付き、作品が棚から外せなくなりますので、
作品の高台に3か所に違う種類の粘土(道具土)
を唾(水ですと粘土がくっつかない)でつけます 。

焼き上がってからバケツに水を入れ、しばらくつけてから そっと道具土をはずします。

3ケ所色が違うのは、道具土を外した跡です。
 作品正面反対も楽しめます
サイズ10cm高さ7 cm。 木箱付き。
素材 陶器
※モニーターによって多少色具合が違う場合があります
ラッピング選択可のし対応のし記名可フリーメッセージ

ところで土からどうしてやきものができるの?

土練り  ろくろの芯出し ろくろ成形
 rokuro-1.jpg rokuro-2.jpg   rokuro-3.jpg
 土の空気を追い出すために土練りをします。土の練った形が菊の花びらの様ですので、菊練りとといいます。 ろくろの台の上に真中心にならないと形が変形して、粘土が飛びま 。  遠心力を利用して形をつくります。少しの力加減ですぐ変形します。
陰干しをして水分が抜けましたら天日に干し
素焼きをします。作品の大きさにもよりますが600度〜800度で焼きます 。
img56623698.jpg 釉薬掛け 素焼きが終わりましたら色付けのため薬をかけます 本焼き 釉薬によって違いますが、1250度位で焼きます。作品は真っ赤に透きとうてドロドロになる寸前まで焼きます。
 





 陶芸作家の作品の値段はどうやって決めますか?
 美術年鑑社の美術年鑑の本が出版がされており、毎年作家の評価額が発表されます。日本画、洋画、彫刻 工芸 書 古美術部門に分かれており、陶芸の場合は工芸の部門になります。
 陶芸作家の評価は陶磁器(花瓶)21.2×21.2cmを基準とします。
荒川 明の2011年の評価額が74万円となっております
難易度、作品の焼き上がりが出にくい作品は+αになります。
お値段は評価額よりお安い金額を設定させて頂いております。

 

荒川 明の陶房は浜松の山奥の引佐町奥山にあり、 
その名前のとうり山奥となります。 そこには古い時代に使かれた薪窯を 
荒川 明が独自に 工夫をして窯を作りました。  
この作品はその窯にて3昼夜薪の炎にて焼成され  
自然の炎色、自然釉、灰かぶりの美しさの中に大胆な  
景色の出る焼き物で同じ作品は2度と出来ません。

使い込んでいきますと手油が染み込みとても落ち着いた色に変化していきます。
プレゼントに!自分用に、ギフトに自信を持ってお勧めできます。