2017,お買い得tu-9 灰被り志野大壺 陶芸家荒川 明作 1品限定作品 木箱付き 送料無料 fs04gm低価,セール

薪窯で焼成された志野釉と灰被りが混合した見事な壷


 文部大臣奨励賞受賞 陶芸作家 荒川 明作
          灰被り志野大壷

▲薪窯焚口火前に置かれ 流れる様に掛けられた志野釉に赤松のヤニと
  灰が被り溶け、入り混じった貴重な壷


tu-9-2.jpg

▲壷らしい美しい曲線の肩に流れる志野釉が特徴でその大胆さは大きな空間に飾っても目を見張るものがあるでしょう。
 隣は巾11cm 高さ11cmの小壷 

tu-9-3.jpg tu-9-4.jpg
▲裏側も見事な志野の流れです ▲口が立っており花10本位入る大きさです。
tu-9-5.jpg tu-9-6.jpg
▲底は美しい炎色、高台右側に荒川明のサイン
▲志野釉の流れの横に灰被りの自然釉が大胆な
表面の貴重な壷

2017,お買い得tu-9 灰被り志野大壺 陶芸家荒川 明作 1品限定作品 木箱付き 送料無料 fs04gm低価,セール

薪窯で焼成された志野釉と灰被りが混合した見事な大壷

SKU:tu-9

2017,お買い得tu-9 灰被り志野大壺 陶芸家荒川 明作 1品限定作品 木箱付き 送料無料 fs04gm低価,セール
2017,お買い得tu-9 灰被り志野大壺 陶芸家荒川 明作 1品限定作品 木箱付き 送料無料 fs04gm低価,セール
陶芸作家 荒川 明作 薪窯焼成 壷telkounyu.jpg


サイズ
直径30cm×奥行き30cm×高さ40cm
素材
陶器(木箱付き)
特長

薪窯で焼成された志野釉と灰被りが混合した見事な壷

※モニーターによって多少色具合が違う場合があります


陶芸作家の作品の値段はどうやって決めますか?
美術年鑑社の美術年鑑の本が出版がされており、毎年作家の評価額が発表されます。日本画、洋画、彫刻 工芸 書 古美術部門に分かれており、陶芸の場合は工芸の部門になります。
陶芸作家の評価は陶磁器(花瓶)21.2×21.2cmを基準とします
荒川明の2012年の評価額が76万円となっております。
難易度、作品の焼き上がりが出にくい作品は+αになります。

お値段は評価額よりお安い金額を設定させて頂いております。


ところで土からどうしてやきものができるの?
土練り  ろくろの芯出し
ろくろ成形
 rokuro-1.jpg rokuro-2.jpg   rokuro-3.jpg
土の空気を追い出すために土練りをします。土の練った形が菊の花びらの様ですので、菊練りとといいます。 ろくろの台の上に真中心にならないと形が変形して、粘土が飛びます。 遠心力を利用して形をつくります。少しの力加減ですぐ変形します。
陰干しをして水分が抜けましたら天日に干し
素焼きをします。作品の大きさにもよりますが600度〜800度で焼きます
img56623698.jpg釉薬掛け 素焼きが終わりましたら色付けのため薬をかけます。 本焼き 釉薬によって違いますが、1250度位で焼きます。作品は真っ赤に透きとうてドロドロになる寸前まで焼きます。