安いfgu-1 極上ぐいのみ 鳴海織部 ぐいのみ おちょこ 木箱付き 荒川 明作 ぐい呑み ギフト 還暦祝い 定年 退職祝い 結婚祝い 誕生日 クリスマスプレゼント 金婚式 お祝い 贈り物

陶芸作家の手造り陶器を買うならココ 鳴海織部 極上のぐいのみ おちょこ♪

荒川明が厳選した極上ぐいのみ

荒川明が多数造ったぐいのみから厳選したぐいのみ
荒川明
オリジナルぐいのみ用お仕覆をお付けして
上質の桐箱に入れた極上ぐいのみをお届け致します。
fgu-1.jpg

お仕覆はぐいのみ用に荒川明オリジナル。花が開いたデザインのお仕覆(極上ぐいのみ用)
お仕覆の色は作品に合わせてご用意させて頂きます。


osifuku640.jpg

 osifuku5.jpg  osifuku2320.jpg
 ▲懐に入れて手に下げて粋に持ち歩こう!  ▲お仕覆はぐいのみに合わせ荒川が選抜!
  多数の色合いとなります。
 osifuku3.jpg  osifuku9.jpg
  ▲中に極上のぐいのみを入れてさあ出掛けましょう
  お仕覆はぐいのみに合わせ荒川が選抜!
 ▲お仕覆はぐいのみに合わせ荒川が選抜!
  多数の色合いとなります。
 kibako.jpg
 上質の桐箱に入れて極上ぐいのみをお届け致します。




item-agu-28_06.gif
fgu-1.jpg
文部大臣奨励賞受賞 陶芸作家荒川明作
極上ぐいのみ 薪窯焼成 鳴海織部ぐいのみ



圧倒的な味わいのある鳴海織部!
素朴でぬくもりのある志野を観ていると心が癒され生活に寛ぎの時間を持つ事が出来ます。
「志野 ぐい呑み」は使うほど手に馴染み愛着が沸きます。



item-agu_pre.gif

fgu-1-2.jpg fgu-1-3.jpg
▲ぐいのみの正面 志野釉の白、、鼠色、茶色、緑色。薪窯焼成にて3昼夜焼成された窯変の凄さ
に身震いするほどです。元気を出したい時に手に取って頂きたぐいのみ
▲正面反対側はやさしく静かな表情のぐいのみ。
fgu-1-4.jpg  fgu-1-5.jpg
▲内部のロクロ目がきわだつぐいのみ
▲高台の窯変の火色(茶色)。高台の削りのざっくり感が良い
安いfgu-1 極上ぐいのみ 鳴海織部 ぐいのみ おちょこ 木箱付き 荒川 明作 ぐい呑み ギフト 還暦祝い 定年 退職祝い 結婚祝い 誕生日 クリスマスプレゼント 金婚式 お祝い 贈り物

荒川明オリジナル ぐいのみ用お仕覆をお付けして上質の桐箱に入れた極上ぐい呑みをお届け致します 還暦祝い 退職祝い

SKU:fgu-1

安いfgu-1 極上ぐいのみ 鳴海織部 ぐいのみ おちょこ 木箱付き 荒川 明作 ぐい呑み ギフト 還暦祝い 定年 退職祝い 結婚祝い 誕生日 クリスマスプレゼント 金婚式 お祝い 贈り物
安いfgu-1 極上ぐいのみ 鳴海織部 ぐいのみ おちょこ 木箱付き 荒川 明作 ぐい呑み ギフト 還暦祝い 定年 退職祝い 結婚祝い 誕生日 クリスマスプレゼント 金婚式 お祝い 贈り物
陶芸作家の手造りのぐい呑を買うならココ telkounyu.jpg
美術年鑑掲載作家でもお値段が安い理由  
 
『この陶器って一体いくらなの』
  
陶芸家の作品の適正価格がわかりにくいからこそ
  製作者直売価格でお届けします。

  
直接お客様の元へお届けするので、
  中間マージンを省いたお
買い求め安い価格で
  最高級の作品
をお届け致します。

 一般の陶器店  陶芸の窯元、陶芸作家 akayirusi.jpg   卸売業者  akayirusi.jpg  お届け先

荒川明の
陶芸ギャラリー 
 荒川明の工房  作家直送
akayirusi.jpg
 お届け先
item_ach-39_05.gif『鳴海織部』とは? 

織部釉の緑と志野釉の白い色が美しい!
薪窯にて焼成。織部釉薬は奥山の薪窯でできた木灰でつくりました。
志野釉薬のかいらぎが魅力的で、変化ある色相は見る人を楽しませます。
美味しい冷酒でぐいのみを眺めながら旬のおつまみを頂き、 至福のひとときをお過ごし下さい。
長年、土と釉と焼成の研究を行ってまいりましたが 桃山時代の鳴海織部に魅力を感じ茶碗から造りはじめました。
白土に赤土で変化をつけ、そこに大胆に鬼板にて文様を描いた後、 素焼きをします。
釉薬は奥山の薪窯でできた木灰で織部と 平津長石の志野釉を半分づつ掛けますが、非常に難しい技です。
茶碗、水指、大皿、大壷、日用食器なども製作しております。

荒川明の作品は薪窯焼成の作品がとても多いです。
『薪窯焼成』のこだわり
電気窯 灯油窯 ガス窯 もありますが、
作品の焼き上がり(陶芸用語で景色)の変化が楽しめます。
釉薬(色つけ)で電気でないとだめとかがありますが、
全体的に釉薬物(色付け)の作品も薪の煙、ヤニが作品に付き面白い作品が焼き上がります。




item_ach-39_05.gif『鳴海織部』ができるまで 
img57258343.jpg
電動ロクロで挽きます
img57258344.jpg
少し乾燥しましたら、高台を削ります
img57258345.jpg
素焼きが終わりましたら、鬼板で文様を描きます。
img57258347.jpg織部釉薬、掛け分けます。
img57258346.jpg
志野釉薬を掛け分けます 。
img57258350.jpg
薪窯にて焼成
【荒川 明のオリジナル釉薬】
木灰を調合してオリジナルの織部釉薬をつくりました。
木灰のあく抜きはバケツに灰を入れ、根気よく水を入れ替えあく抜きをします。
素手で触ると、手の皮むける程です。
荒川 明の陶房は浜松の山奥の引佐町奥山にあり、
その名前のとうり山奥となります。
そこには古い時代に使かわれた薪窯を荒川明が独自に
工夫をして窯を作りました。
自然の炎色、自然釉、灰かぶりの美しさの中に大胆な
景色の出る焼き物で同じ作品は2度と出来ません。

サイズ
直径7.5cm×8.5cm ×高さ5.4cm
素材
陶器(木箱付き)
特長

少し大きめ
薪窯焼成にて織部,志野,炎色が入り混じった変化が美しい!大きめの大胆なぐいのみ

焼成方法

薪窯焼成

※モニーターによって多少色具合が違う場合があります。
この商品を購入された方のレビュー 
総合評価条件に満たないため総合評価は表示できません。

購入者さん 

評価5.00

投稿日:2016年06月05日

 大変美しい鳴海織部

白の志野釉と緑の織部釉のコントラストが大変美しいです。更に窯変により志野釉の一部が桃色に変化しており、色合いに凄みも感じられます。さすが「極上」と銘打つ逸品です。 

使い道 趣味 使う人 自分用 購入回数 リピート