アメリカン雑貨のような外国っぽいデザインのスチールポスト メールボックス*郵便受け*郵便ポスト*POST*MAIL BOX*新聞入れ*おしゃれ ポスト 壁掛け 壁付け
¥9,936¥13,500
ポスト 郵便 置き型 スタンドポスト 鍵つき 北欧 鍵付 モダン スタンド 回覧板 郵便ポスト スタンドタイプ 郵便受け おしゃれ ラック HTN-1 ポストスタンド
¥10,289¥13,980
9月13日(水)まで!蛇口同時購入、割引特典もあり。
¥24,041¥34,149
人気のラティス!雨や水に強く、腐りや白蟻の心配が少ないから安心!お洒落な質感! ラティス 目隠し フェンス 園芸
¥20,240¥28,750
北海道や東北でも大活躍!ハイガー除雪機はランキング1位を獲得。中古よりもリーズナブルな価格除雪機 エンジン除雪機
¥64,123¥109,800
今すぐ購入

キリタの手作り万年筆

限定セール,豊富なベークライト万年筆「加川」名入れ無料/送料無料/日本製/ギフト/プレゼント/クリスマス/成人の日/成人/誕生日祝い/誕生日プレゼント/就職祝い/オリジナルギフト/内祝い/贈り物/卒業祝い/父の日/父の日ギフト

商品番号:10000131

価格  18,304円
当店通常価格 26,000円

ラッピング   
メッセージカード   
ギフト対応   

fptitle-2-800x400.jpg



ついに、ついに、キリタから万年筆の発売です。


fp02-2-400x300.jpg


ベークライト万年筆 「加川」



2005年のネットショップオープン時から、ペン工房キリタでは一貫して万年筆の製造販売をしてきませんでした。

その理由は、キリタのメイン製品が真鍮製の重いペンであり、ペン先を潰さないように浮かせ気味に使う万年筆では重いペンは向かないことがありました。

また、万年筆は扱いが面倒で愛好者が使う筆記具であり、ギフトに適した万人向けのものではないこと。

さらに、ペン先は仕入れになるため、ペン先の太さやインクの品揃え、ぺン先の調製などの点で、十分なサービスができないことも、発売に踏み切れない理由でした。

fp03-3-400x300.jpg
fp04-4-400x300.jpg

今回発売する万年筆の素材であるベークライトは、キリタの中で唯一の例外として樹脂素材を使った軽めのボールペンとして製造販売してきた素材です。

他の製品とは異なり工業的な量産ではなく、1本1本職人による手作りで、量産が効かない分だけ価格も高いのですが、経年変化するその風合いがとても好評をいただいていました。

ベークライトは最も古くから使われている樹脂の一種で、 元々の形は、中身の詰まった棒状であり、旋盤で外形を削りながら形を作っていきます。

ベークライトの棒材は、樹脂を染み込ませた紙、又は布を棒状に丸めて固めて作られます。ですから切断すると渦巻き状に線が現れます。これが本体表面に見える木目のような風合いの地模様になります。

表面には研磨のみでクリア塗装などは塗っておらず、使い込んでいくにしたがって手脂が本体に染み込んでいき、色が濃くなりしっとりとした艶のある光沢が出てきます。

手作業による切削のため、お届けする製品の木目や色合いは、1本1本異なります。

ベークライトボールペンケース
クリップとリングは真鍮製。風合いを出す
ためにあえてメッキはせず仕上げています。
fp06-2-400x300.jpg
使う時にはキャップを後ろに差さない方が
正直書きやすいです。

この軽めの素材で、愛好家に向けて1本ずつの少量生産するのであれば、先に述べたような「やらない理由」も回避できます。

ペン先については1種類のみで、仕入れ先を明記し、線幅は当面は中字のみ、インクも黒のカートリッジのみとして販売します。

そしてもう一つ、今回の発売に至った本当の理由は、ベークライトのボールペンを製作している職人の加川が、自ら望んで万年筆を作ってみたいと言ってきたことです。

ベークライトのボールペンでは数年前からキャップ式の水性も製作していて、ペン先以外の部分が作れることは分かっていました。

加川としても、ここまでできるのであれば、筆記具の王様である万年筆も世に出したいとの思いが募ったのでしょう。

加川は職人歴40年。この製品はいわば彼の作品であり、敬意を込めてこの製品の名前を「加川」とします。

fp07-2-400x300.jpg
fp08-2-400x300.jpg

ペン先にはドイツのシュミット製ステンレスを使っています。
このペン先は、以前サンスターの「ヒーローの書き心地 ウルトラマン万年筆」を作った際にも採用したもので、日本人好みの柔らかい書き味になっています。

シュミットはドイツにある世界最大の筆記パーツメーカーで、日本でもパイロット、プラチナ、セーラーの3大メーカー以外の多くの筆記具メーカーがそのペン先を採用しています。

実際問題、手作り万年筆を標榜している個人工房も、そのほとんど全てがペン先は仕入れ品で、その中でもシュミット製はよく使われており、実績のあるメーカーです。

 

他の工房の手作り万年筆を見ると、同じクラスのものでは大体5万円位からのようです。

キリタは後発であり、また専門でもないので定価を4万円として販売しようと思っています。

ただ、初めての万年筆でもあり、改良点や、生産を続けていくうちに加川の手も慣れてくる事を考慮し、当面の間はモニター価格として、水性ボールペンと同じ2万6千円(税抜)で販売します。

購入していただいた方には是非フィードバックをしていただけると助かります。
ブラッシュアップ後に価格の改定を行いたいと思います。
(金ペンも用意したいと思います。)

試し書きは、弊社工房で可能です

fpsample.jpg
「加川」を使って描いてみました。ボールペンと
異なり、線に強弱が付けられるのが万年筆の特徴。

加川が紹介された雑誌

種類 万年筆(キャップ式)
素材 ベークライト
表面処理 削り出しのみ
部品メッキ メッキ無し(真鍮)
寸法 全長140mm、太さ15mm、重量20g
その他 手油で使う程に色が濃くなりツヤが出ます。


書ききれなかった開発秘話はこちらから。


ベークライト

熱硬化性樹脂。(略号PF)
発明されたのは1872年ですが、1909年になってドイツのベークランド博士によって工業化されました。彼の名を付けたゼネラルベークライト社のフェノール樹脂の商品名"ベークライト"が、今でも一般的なフェノール樹脂という代わりに使われることがあります。

絶縁特性がよく、高い温度に耐える特徴をもっています。そのため電球のソケットや自動車等の灰皿、鍋・ケトル類のハンドルや摘み等に使われています。

s2.gif

t_bknaire2.jpg

レーザー名入れ
(1)下部のリンクボタンで名入れページへジャンプして下さい。

(2)注文画面ステップ3で名入れ文字を記入して下さい。

レーザー彫刻の文字色はベークの焦げた感じの色となります。

名入れには1週間から10日程かかります。




注文を受けてからの制作開始となります。
通常で約2週間から3週間ほどいただいております。

ラッピング選択可のし記名可フリーメッセージ名入れ対応商品


豪華ギフトボックスに入れてお届けいたします。(無料)



名入れ文字、メッセージカードの文言は、注文画面のステップ3にてご記入下さい。